読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタク生活@京都

ただ気になるもの好きだと叫びたいものを語るエロゲとラノベとアイマス中心

鉢町あかねは壁がある 感想

f:id:saKura1226:20160723232621j:plain

 

結論的には面白かったです。

でも言うなれば特別賞的な感じです。なーんか所々拙い気がする。

微妙に設定が繋がってないというか公開順番がおかしい書き方がいくつかあるのは連載だったからなのかなぁ?

個人的には非常に『壁越し』というか正体がわからないって、

設定がかなりイイと思います。

Q.E.D. 証明終了 』とか思い出しました。

まぁ、こっちは完成度違いすぎますがw

やっべなんか読み返したくなってきたww

 

えと話し戻すです。

でも、登場人物が良くない。基本的に好感を持てないんですよ。

主人公もヒロインも。なんなんでしょうねー?

文章自体に見下してる感があるような?

それに反してというかイイとこも多いんですよ。

わたしのツボを押さえているとが結構あります。

事件ごとに繰り返すやりとりとかもう、大好き!

ヒーローの変身前の口上とか決まりきったやりとりすごーく好き。

この作品に近い奴だと『氷菓』の「わたし気になります!」でしょう。

そーいうやりとりがあります。

 

導入の1話目?は非常にまとまってます。

満点ですね。特にオチは上手いっ!って思ってしまいました。

それだけに次がなー。なんか読み切りが人気出て続き書きました的なw

最後は綺麗に続けることも可能な落とし方してます。

続刊は出れば買いますが、続けない方が作品としては綺麗かなーって思います。

もちっと上手ければ「氷菓」とかに続けそうなんですけどなぁ。

惜しい作品です。

まぁ、ラノベとは一線を画するので小説読んだなぁって感じです。

氷菓」のシリーズもそうですがw

というか米澤先生もアニメ化とか夢にも思ってなかったんじゃなかろうか。

わたしも全然思ってなかったけどアニメして「は?」って感じやったもん。

この作品はちょっとだけ狙ってる感がある。

表紙からして。

にしてもわたしの読解力というか理解力落ちたなー。

ちょーーっと『なろう』ばっかり読み過ぎた。